アウェアネス インスティテュート ブログ

ブログ

【夢が教えてくれた体験】

つい先日、たいへん興味深い体験をしました。

知りたいことの答えを夢の中で得て、その通りだったという体験です。

 

その日の私は、数年前に見ていた動画をふと思い出し、それをYoutubeで検索していました。けれどタイトルがどうしても思い出せません。正確なタイトルが思い出せず、一般的な関連キーワードを打ち込んでみると多くの動画が表示されますが、私の探している「それ」ではありません。

 

 

そのうちにまた見つかるだろうと半ば諦めて、その夜は休みました。

 

おそらくは明け方、目覚める直前の夢の中で、私は(また!笑)動画を検索をしていました。(それほど気になっていた訳でないのに…潜在意識が働いてくれたのでしょうか。)

 

 

驚くべきことに、その夢の中ではっきりと(探していた)動画のタイトルが見えました。夢だけれど、その時の私は(ああ、これ!そう、そう、このタイトルだったんだわ〜!)と、そのタイトルを覚えておこうと思ったところで目がさめました。

 

幸いにも、起床時までタイトルを覚えていることができたので、朝一番に(試しのつもりで)PCキーボードに「夢で見たタイトル」を打ち込みました。

 

いくつかの動画が表示される中、探していた’あの動画’が出てきたのには、正直いって驚きました!

 

というのも夢が見せてくれたタイトルは、その動画の大タイトル(いわゆる過去に、顕在意識で覚えていたものでなく)、目立たない副題(小タイトル)の方だったのです。

 

一般に、小タイトルが視界に映っていたとしても、意識的に記憶することはありませんよね。 もし、意識的に脳で記憶しておくとしたら、大タイトルのほう…。

 

ところが潜在意識は視界に入ったもの、例えばすれ違った人、風景、視界の端に写り込んでいるけれども意識的には注目もしていない周辺情報をすべて(本当に、すべて!)記憶し、知っているとさえいわれています。

今まで、街角ですれ違っただけの人の顔、行き過ぎる車の色や形、チラ見しただけの文字など、膨大な情報をすべて検知していて、記憶を保管する倉庫とも考えられています。が、自分にとって無意味な情報の多くは、脳の中で「忘れてもいい項目」に振り分けられ、忘却の処理がされている−ということは脳科学で説明されていますし、皆さんもご存知でしょう。

 

もっとも、意識と脳は宇宙と同じで、まだまだ未解明な領域ですから「そう考えられている」としか言えないのも事実。

 

それでも、実際にそう考えなければ説明がつかない体験を、多くの人々がしています。

 

私が、ヒプノセラピストとして日頃、経験していることを例にあげれば、すっかり忘れていた過去の詳細な事柄は退行催眠(過去にさかのぼるヒプノセラピー:催眠療法)の中で、ふぅ〜と自然に浮かんできますし、今の脳では知るはずのない前世の自分が話す歴史だったり。

先日も、クライアントの方が想起された13世紀の史実は、クライアントさんが意識的には記憶にないことでした。(これは、本当によくあること!)

 

私自身の体験では(少々、不思議モードになりますが)学生時代に、翌日の試験問題を夢で見てしまったこともあります。全く同じ表記で、事前に夢で見ていた通りですから驚きました!これは脳のできる仕業ではありませんね。

 

さらに思い起こせば、夢で見た何かの数字が記憶にあって、翌朝の新聞を見てみると、記事に報道されている災害の被害者数と一致したことは、一度ならず何度もあったり。当時は不思議なこととしか思えませんでしたけれど、時間や空間を超えることも「意識」には出来るのかもしれません。

未来をイメージして、未来の自分からアドバイスを得たり、それまでにないアイデアが閃く未来催眠療法は、この不思議パワーへのアクセスを可能にしてくれるものともいえます。

 

 

今日は夢の体験について、とりとめのない雑感となりましたが、未知の能力も磨かれていく、そんな可能性を見せてくれるヒプノセラピーの学びが、多くの人に役立つ常識になるといいなと思います。

だから究極の目標は、ヒプノセラピストが必要なくなること。

そうしたら、私は次に興味を持てることを探究するでしょう〜多分、それは宇宙人! 笑

 

さてさて、皆さんはどんな夢体験をしていますか?