アウェアネス インスティテュート ブログ

ブログ

クオリア 〜 質感

ひとつ前のブログ記事で触れたクオリアについて、もう少し述べたいと思います。

 

 

クライアントに、30代の美容室経営の女性がいました。

六本木にある、日本でも最上級に位置する ’あのタワーレジデンス!’に住みたいと希望されていましたから、特に気に入った部屋がなくても何度も内覧にいくように、私からはご提案していました。

実際に、ご予算では’叶わないはず’の願望です。

 

世界の’特権階級’のために創業されたヨーロッパ発

ホテル「R—・C—東京」による日本ではじめてのパークレジデンス!

 

「紳士淑女をもてなすサービスマンも、紳士淑女であれ!」というポリシーで有名です、東京ミッドタウンの…ね。

 

そしてレジデンスの住人はルームサービスも利用できるんですって。「お食事代はお家賃に加算しておいてくださいね」みたいな感じで。

 

 

 

それは私自身が求めることかというと違いますが、そこが人の多様性

それにしても”夢”って、いいですね。

期待いっぱいに描く未来を聞いているだけでも心からウキウキして、気分が上がりますよね。

ある程度まで来ていただくと、もう自分に向き合っているし、色々な理由もわかってくる。気分が落ちなくなって、やがて意識のパワーを自家発電(?)できるようになっています。そうしたら、もう私のところには来なくていいでしょう!

 

まるでゲームのように、現実を創造したくなる。凹んでいると時間が勿体無いので、そのような暇はなくなりますね。

 

しかも誰もが同じクオリアを欲しいとは思わないので、あなたが欲しいと思うことは遠慮なく追求したらいいんですから。意外と競争率(?)は少ないかもしません。

 

さて彼女が内覧を始めると、すぐに気に入った部屋が見つかってしまいました。(内心は、どうしよう!でも住みたい!でも無理〜!という複雑な感情が湧いたそうです。)

ここからはちょっと意識の魔法を使いましょう。意識の科学を軽視しがち。それではもったいないですね。

この場合でのワークは数回にわたりました。

話を端折りますが、とにかく申し込みだけでもしてもいいかな!という自然な感覚になった頃に申し込みをしていただき、なんと予想外なことに、彼女は無事に審査を通過してしまいました。

 

そう。このようにして引き寄せや奇跡を現実に起こしている人が、皆さんの周りでもいるでしょう。

 

その人たちは、その方法を自分自身で必ず何度も体験し、よく知っているはずです。

 

 

できると思えばできる。

できないと思えばできない。

これは揺るぎない絶対法則である。

-パブロ・ピカソ-

 

私たちの宇宙の98%は、ダークマターと呼んでいる’見えない何か’のエネルギーで満ちているといいます。それが、物質や現実を生み出すエネルギーでないかと研究が進められています。

 

私は科学者ではありませんが、事例には多く接してきました。だからやっぱり願望達成も科学の一部、意識の科学だろうと思えるのです。

 

その意味で、自分が変わりたい時に探すコーチやセラピストは自分の願望とマッチした体現者を選ぶことが、費用の高低よりも交通の便利さよりも、ましてや資格名などでなく、重要な一歩になってくるでしょう。