アウェアネスヒプノセラピー東京・横浜 ヒプノセラピー資格

認定スクール

心理学と脳科学、スピリチュアリティの
The ヒプノセラピー

「我々の人生とは、思考が
作り上げるものに他ならない」

~マルクス・アウレリウス・アントニヌス
(ローマ帝国・哲人君主)

感情と思考に向き合う時間を
持っていますか?

―まず、自分自身のために学ぶ意識の科学―

ヒプノセラピーは過去の癒しテクニック
だけではありません。
ゴール達成のイメージトレーニング
NLPも催眠療法から生まれました。
大いなる自己を発見するための、
もっとも旧くて新しいセラピー。

ヒプノセラピー(催眠療法)
を学ぶということ

意識と脳認知科学をベースに、ワークを通して
あなた自身が大きく変わるカリキュラムが
ここにあります。

「意識の不思議さに毎回、驚かされた」
「人生に対する見方が変わった」
「潜在意識につながるとリーディング能力も開花した」

という気付きとともに、あなたが変わるクラスは2つ。

セッションコース併設スクールならではの
現場主義かつ先端カリキュラム
あなたの世界観を変えていきます。

こんな方に

  • 自己を見つめ直したい方
  • 人間関係や仕事に悩みを持つ方
  • ヒーリング・医療関係者
  • 催眠暗示や催眠療法を仕事に生かしたい方
  • 潜在能力を学び、生かしたい方
  • 人生を変えたい方
  • カウンセラーや職場のリーダー、教職に従事している方

米国催眠療法協会 (American Board of Hypnotherapy)
米国催眠士協会(National Guild of Hypnotherapy)
公式認定スクール



米国催眠療法協会(ABH)

米国催眠士協会(NGH)

~はじめの3日間で取得するベーシック資格~

  • 米国催眠療法協会(ABH)認定ヒプノセラピスト

~全10日間で取得する2つのプロ資格~

  • 米国催眠療法協会(ABH)認定マスターヒプノセラピスト
  • 米国催眠士協会(NGH)認定ヒプノセラピスト

カリキュラム

Day1 催眠(潜在意識の優れた機能)の基本を学ぶ
  • 催眠とヒーリングの歴史(古代の神秘哲学)
  • 意識の階層とESP能力(量子物理学とメタ科学)
  • 被暗示性(被催眠性)テスト(脳神経言語と化学)
  • 自己催眠(セルフ・ヒプノーシス)指導法
  • ゴール達成のセルフ・イメージ誘導
  • リラクゼーション誘導テクニック(レイキと電磁気学)
Day2 心理学、脳科学で「思考が実現するしくみ」を理解し、実践する
  • さまざまな催眠誘導法と結果の出る暗示作成(NLP)
  • 暗示の働きと脳の仕組み(脳科学)
  • 未来イメージを埋め込む「リザルト型暗示」
  • 止めたい習慣のコントロール(心理学)
Day3 目的に応じて ヒプノーシス(催眠)を使い分ける
  • もっと深く!催眠深化法と確信体験
  • プロの暗示と誘導テクニック(後催眠暗示)
  • じっくり未来を体験させる「プロセス型暗示」
  • 直観的にアドバイスを受け取るプラクティス(ESPレッスン)
  • 未来を創る催眠療法:フル・セッションを完成させる
Day4 先端脳科学と心理学 そして過去への催眠
  • 脳と応用NLPで心と記憶の仕組みを理解する
  • 過去退行催眠の誘導テクニック
  • トラウマ解放のための誘導テクニック
  • 天才催眠士・エリクソン催眠をマスターする

催眠から生まれた先端NLPのテクニックを催眠誘導に採用すると効果的なセッションが進行できます。 意識と脳のつながりを催眠に活用する法を理解し体感することで初めての過去退行催眠にスムーズに入っていきます。 またエリクソン催眠の「言葉がけのマジック」が身につきます。

Day5 深化法・確信体験
  • インナーチャイルドを癒す
  • 過去の原因までたどるゲシュタルト・アプローチ
  • 世代をまたぎ、家族に持ち越された課題に対処

プロとして必要な多くの誘導テクニックが増えるとともに、過去に埋没した記憶の解放と学びへの展開法を丁寧に学習します。ケースごとの実践マニュアルに沿って進めれば、どなたでも自然と対話に慣れていきます。

Day6 チェアで対話する
  • ハイヤーセルフや故人と対話する
  • 必要な能力の呼び覚まし
  • ペットロス・アニマルコミュニケーション法
  • 人間関係を癒し、改善するテクニック
  • パーツセラピー・身体と対話する

現在、過去、未来の全てを扱うセッションには、様々なケースに対応する技術が求められます。自分を題材に、今すぐ役立つワークをその日から実践できるようになります。自分にもセラピーはできるという自信が感じられるようになります。

Day7 過去退行催眠セオリー
  • 胎児期退行
  • 細胞の記憶?意識はどこにあるのか
  • 中間世の記憶と今世の目的
  • 退行催眠とマルチバース(並行宇宙)の特殊パターン

今世の時空を超えて、いよいよ「記憶を向こう側」に旅立ちます。認定のための定型カリキュラムだけでは対応に戸惑ってしまう、スピリチュアルなトランス体験をする方が増えてくる回です。科学と霊性、双方から解説できるセラピストが望まれています。心理学的側面だけでなく、「現実」では起こり得るのです。

Day9 前世療法(1)
  • 前世の記憶、それは真実か幻想か
  • マルチバース(並行宇宙)の前世療法パターン
  • アクティブ・イマジネーション(ユング・フロイト)理論
  • アカシックレコードとサイキックのプラクティス

前世療法はスピリチュアル志向者のための療法という思い込みを解き、心理学的にも確信を持ってヒプノセラピーをおこなえるようになります。また、何度も催眠を体験するうちに、潜在していた能力が目覚めていたことに気付けるワークもあります。自分自身が変わったという体験こそ、ヒプノセラピーの価値なのです。

Day9 前世療法(2)と最速の先端ヒプノセラピー
  • 宇宙の過去世を持つ人々(スターシード)
  • 恐怖症を解消する認知行動療法ヒプノ
  • 最速のクォンタム・ヒプノ

時系列は過去から未来への一直線であるという古い考えの枠組みを取り払ったクォンタム(量子)理論を用いた、最速ヒプノセラピーの実例を学びます。行動療法のイメージ(催眠)ワークでは、恐怖症や悪習慣の除去など、従来型ヒプノセラピーに加え、高い効果を発揮するテクニックが身につきます。

FinalDay 過去から未来へフル・セッション
  • 2つの認定について・起業スタートアップ相談
  • 過去から未来までのフルセッション

日 程

カレンダーをご覧ください。
*スクールday1~10の全課程のうち、day6~8の受講順番はご都合により前後したり、他クラス日程への振替が可能です。
*皆さんの習熟を図るため、修了した回の再受講(無料)参加を歓迎しています。ペアワーク練習に活用ください。 スクール・カレンダーはこちら



アウェアネス インスティテュートのポリシー

真に深く体験いただくことを重視し、音や香り、光に考慮し、全ての方に本格チェアをご利用いただける環境を整えるため、またプライバシーの観点から、各回6名様までの少人数制としています。
初日を受講後、ご満足いただけなかった場合には、講座費用から一部(ご返金の際に振込手数料が発生する場合はその手数料)を差し引き、全額をご返金いたします。
(銀行振込み、または現金でお払いいただいた方に限ります。初日にお申し出ください。)

スクールの特長

  • 各日程は振替受講が可能です。(習熱度を維持するため、受講開始から半年以内にカリキュラムを修了してください。)
  • 多くのワークを通し、自然と癒しと気付きも進行していきます。自己のセラピー目的でのご受講としても、価値ある期間を過ごされるでしょう。
  • スピリチュアリティと先端科学、心理学をカバーする内容は、右脳と左脳のバランスを取り戻し、潜在能力が発揮できるようになります。
  • 過去と未来にアクセスするワークを通し、自他への的確なメッセージを感じ取る、リーディング能力も活用できるようになります。
  • エリクソン睡眠(NLPのミルトンモデル)、デイブエルマン誘導法(米国では医師に教えられてきた速攻催眠誘導)など、多彩なテクニックを少人数で丁寧に実践しますので、よくありがちなハウツーを知るにとどまらず、全てのテクニックを実践で使えるようになります。
  • 近年、増加中の宇宙前世の催眠療法に対応するため、サイキック能力の科学やマルチバース(多次元宇宙)論など、これからのセラピー現場で知っておきたい概念を学びます。
コース 認定可能な資格
基礎を学べる3回コース 米国催眠療協会(ABH)ヒプノセラピスト 認定資格の申請は任意です。
取得後、マスター資格へのアップグレードを希望する場合は、同年度に限り、無料です。(ただし認定書の国際郵送料のみ負担)
費用 ¥39,000(税別) 引き続きプロコースへ編入される場合は、プロコース受講費の一部として計算されますので、実質無料となります。
編入時には、基礎コースとプロコースとの差額のみを申し受けます。
時間(日数) 10時から18時(3日間)
付記 ※ABH認定料として、登録初回には17,000円が別途要
初回の登録費用には初年度会費、認定書国際発行料、登録費が含まれます。(表示は2017年度の概算です。為替により変動することがあります。)

コース 認定可能な資格
プロフェッショナル
認定 10回コース
・米国催眠士協会(NGH)プロフェッショナル ヒプノセラピスト
・米国催眠療法協会(ABH)マスターヒプノセラピスト
いずれか一方、または双方の認定資格に同時申請が可能です。
各団体は、更新毎の費用が必要です。
勘案の上、ご選択ください。
費用 ¥278,000(税別)
時間(日数) 10時から18時(10日間)
付記 ※ABH認定料として、登録初回には17,000円が別途要
※NGH認定料として、登録初回には25,000円が別途要
初回の登録費用には初年度会費、認定書国際発行料、登録費が含まれます。(表示は2017年度の概算です。為替により変動することがあります。)
日本では、特に資格を持たずにセラピストとして活動することは可能となっています。
そのため、アウェアネスでは、資格認定の申請は任意とし、自己啓発のために学ばれる方も積極的に受け入れ、歓迎しています。


催眠療法とは
1955、1958年英国米国の医師会が有効と認め、カナダやオーストラリアなどでは最も広く導入されている心理療法の一つ。ユング、フロイトが催眠療法を学んでいたことは意外と知られていません。そのほか「米国心理学の父」ウィリアム・ジェームズ博士ら、多くの心理学者たちが研究をおこなってきた催眠と暗示のテクニックは、昨今の新種セラピーヒーリング法の基盤となっているといっても過言ではありません。近年はわが国でも医療従事者(医師、看護師)によって多く学ばれ、その信頼性はますます高まっています。一般にはドロレス・キャノン女史(米国)、ブライアン・ワイス博士(米国)らによる「前世療法」が広く知られていますが、ビジネスやスポーツ、教育の分野でもイメージトレーニングとして活用されるなど、いま我が国での需要は急速に拡大しています。
米国催眠療法協会(ABH)とは
A・M・クラズナー博士によって1982年に設立された国際的なヒプノセラピスト組織ABHAmerican Board of Hypnotherapyの略で、全米はもとより世界各国のドクター、意識のプロフェッショナルたちが所属しています。
姉妹機関には全米NLP(神経言語プログラミング)協会があり、今も進化を続ける先端のNLPと古代から探究されてきた催眠療法とを共に修得したマインドコーチ、トレーナーや社会的リーダー、セラピストが多く所属している催眠療法士団体として知られています。
米国催眠士協会(NGH)とは
米国催眠士協会(National Guild of Hypnotherapy/通称NGH)の現在の会長はドゥワイト・A・デーモン博士。米国各地で活躍している代表的催眠士や医師などで構成される委員会と専任サポートスタッフによって運営される世界最大かつ米国最古の伝統と信頼を誇るヒプノティスト組織として国際的なネットワークを構築し、グローバルな視野に立ったヒプノセラピー/ヒプノカウンセリング技法の普及を目指しています。2015年より米国では「ヒプノセラピスト」の呼称はヘルスケア・ライセンス保持者にのみ与えられており、社会的に信頼性の高い「心理コンサルタント」として位置付けられています。